「くろトホ」オンタイム☆


by kurousa

不本意






約7年間を過ごした上海生活ですが
そろそろ日本へ帰任の運びとなっています。



その旨を日本にいる知人友人に知らせたところ、
大半の人が「おめでとう!!」と言うのはなぜなのでしょう。。。
日本が世界で一番豊かだとでも思っているのでしょうか。ナンセンスな妄想ですよね。



「おめでとう」と言う人は、私が上海へ移る際に「大変ねぇ」と言った人達でもあります。
例えば思うに、赴任先がヨーロッパやアメリカであれば
彼等は「おめでとう」と言うのでしょう。まったく浅はかな世界観、地球観です。



確かに中国全体を見れば、まだまだ足りない所もたくさんあります。
でもそれは、日本でも他の国でも、どこに居ても行っても同じこと。
どの場所でもそれぞれに改善すべき難題や難問を抱えているはずです。



メディア情報やイメージだけで判断するのはおかしくないですか?
行ったこともない欧米を諸手で素晴らしいと言うのはやめにしませんか?
相手を見下すことで自国を誇示することに意味がありますか?



日本は私が産まれ育ってきた国ではありますが
根拠のない価値観を唱える人が多い日本を私は好きではありません。
正直、上海から日本に戻ることには不安さえ感じます。



話が脱線してしまいましたが、今回のケースに関して思うのは
単に「おかえりなさい」でいいのでは?と感じた次第です。
ちなみに日本へ戻ることは私にとっておめでたくありません。「とても残念」です。

[PR]
by colombomama | 2012-03-23 15:50